ヤナセ販売協力店 ウジタオートサロン Blog(ブログ)
クルマを通じて一生涯のお付き合い!
関西、大阪のベンツ・BMWを中心とする輸入車、外車の中古車・買取情報を発信中!
 カテゴリ
新着入庫
スタッフの心のこもったメッセージ
ニュース
ウジタオートサロンについて
社長の対談・講演シリーズ
お客様の声
ユーザーボイス
氏田耕吉のひとりごと
植田茂夫のひとりごと
安田和弘のひとりごと
加藤宣晶のひとりごと
早川慶太のひとりごと
氏田裕吉のひとりごと
紺野達哉のひとりごと
スタッフ紹介
メールマガジン
スタッフのおすすめグルメ
車関連最新ニュース
紹介コーナー
モブログ
パーツ情報

 カレンダー
<< 2017年12月





1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31






 新着記事
あけましておめでとうございます。
ポルシェカレラ911のハンドルの振れを調整。
ルノー ルーテシア RSに限定車
イルミネーションはこれから
ヘッドライトレンズの黄ばみ&曇りをリフレッシュ♪
スマートフォンに自動車業界も注目
imagine.
【メルセデスベンツ ML350 ブルーテック 試乗】踏み込んで感激
「だらしなさに負けた」
アウディA6新型…さらにプレミアムに

 ブログ内検索
キーワードで検索します。

 バックナンバー
2011年01月(1)
2010年12月(16)
2010年11月(16)
2010年10月(44)
2010年09月(21)
more...

 RSSリンク
サイト最新情報をRSSリーダーにて受信できます。


このブログを自分の
「お気に入りブログ」に登録する。

 最近のコメント
ご無沙汰しております。父の名前が、...
ネットから拝見しました^^昔ながら...
ネットサーフィンで立ち寄りました^...
ネットから拝見しました^^ せんと...
貧者にはエコカーやエコポイントの対...

 最近のトラックバック
AUTO SALON TOKYO ...
塩害地仕様車の決定版!SCコートに...
etc t
gDAO???
g^ z[y[W

 訪問履歴
本日 全体
訪問者 1 1921698
コメント 0 161
トラックバック 0 13

ブログ店 クルマ版 トップヘ

Powered by ブログ店

2010年9月13日
ゲームセンターって不思議なところ
みなさん、おはようございます。

やっと、すごしやすくなってきましたね。

活動のシーズン到来で我家もウズウズしだしています。

まずは赤穂です!

「何をしに?」って、、、それはまた報告します!

 


休みに商店街を歩いていると
ゲームセンターで子供も大人も黙々とゲームをしています。


そこでは、格闘家になったり、プロレーサーになったり、冒険家になったり、、と、
みんな挑戦者となって次々と降りかかってくる敵を
クリアすることにお金を払っています。


お金を払うのだから常に満足な結果が得られても不思議はないのですが、
そんなゲーム機は誰もしません。

そう、ゲームセンターってうまくいかないことを楽しむところなんです。

ここで得られる楽しみとは安心感ではなく充実感や達成感。

みんな努力をするためにお金を払っています。

ゲームに興味のない自分にとっては不思議に思えるのですが、

現実社会も同じですね。

 

そして現実の社会はそれによって報酬を得ることができるのですから、
もっと面白い世界だと思うのですが、いかがなものでしょうか。。。

 

 それではまた来週、植田茂夫でした。

===============================

ウジタオートサロン公式ホームページ http://www.ujita.co.jp

在庫一覧 http://ujita.co.jp/stock_car/

新着入庫をRSS配信にて提供しております
http://ujita.co.jp/blog/category/新着入庫情報/feed/

===============================

この記事のURL : http://wa2899.blogten.jp/282353.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2010年9月12日
久しぶりにクラッチオーバーホール♪

こんにちは工場のかとうです。

 

今は2010年。

昨日の入庫車両は年代モノが…

 

W124/320E = エアコンファン修理

W123/280E = エアコンコンプレッサー修理

W124/260E = 車検整備

W124/E280 = ウィンカー取替

W124/E400 = 球切れ/オイル交換

そのたモロモロ…

 車検でご入庫頂いた260Eは、平成1年式(車齢18年超)で、重量税が37800円!

ちなみに自動車税は8年ほど前から1割増し!と高額納税車となりつつあります…

 

今回は、久しぶりのクラッチ滑り♪

って、遠方で滑ってしまい大変だったようです。

(ちなみにこの日は三菱キャンターの車検も入庫して、トラック屋さん状態…)

引き上げてきたら、まずはジャッキアップ〜♪

そして、ミッションの取り外し〜♪

クラッチを取り外してみると…

ディスクが擦り減っている!!!というレベルでは無いですね(@_@;)

ここまでディスクが飛んだ状態は、初めて見ました。

右の方に、かろうじてディスクの破片が残っています。

が、この破片では車をピクリとも動かすことが出来ませんでした。

 

この辺の作業は、弊社「顧問」の得意な分野で、若手を引き連れ、

ドロドロに成りながら、「生き♪生き♪」と仕事をしてはりましたw

===============================

ウジタオートサロン公式ホームページ http://www.ujita.co.jp

在庫一覧 http://ujita.co.jp/stock_car/

新着入庫をRSS配信にて提供しております
http://ujita.co.jp/blog/category/新着入庫情報/feed/

===============================

この記事のURL : http://wa2899.blogten.jp/282220.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2010年9月11日
事故録画のススメ。

みなさんこんにちは。豊中店の安田です。

 

我々のような仕事をしていると残念ながら

お客様が事故を起こしてしまい、その処理の

相談に乗ることが多くあります。

 

自損事故や駐車していてぶつけられたなどという

過失のハッキリしている事故はまだ良い(良くないですが、、)

のですが、相手自動車との交差点内での出会い頭事故など

それぞれに過失が出る事故の場合、とくに目撃者がいない

事故の時は当事者同士の言い分が食い違うことが起こります。

 

先日、あるお客様から点検でお車を預かった際、

奥様から連絡を頂き、「主人がいつも夜遅く車を運転するのだが

事故に会わないかと心配で、ドライブレコーダーを取り付けて欲しい」

というご依頼を頂きました。

 

当社でも取り付け実績はあるのですが、恥ずかしながら私自信は

ご依頼を受けるのが初めてで色々と調べておりました。

 

ドライブレコーダーはちょうど飛行機の「フライトレコーダー」

の自動車版という感じで、事故の衝撃があった際、その前後数十秒を

記憶メディアに映像として録画をしてくれる機器で、

裁判の証拠として正式に採用されるわけでは無いそうですが、

事故の相手が嘘の証言をした場合などに参考資料としての

効力を発揮するという機械です。

 

事故の衝撃を計測する機器“モーションセンサー”はゲーム機やiphoneなどで、

小型CCDカメラは自動車のナビと連動したバックカメラなどで、

記憶メディアであるメモリーはデジカメや携帯電話などで、

必要なそれぞれの部品が大量に普及したおかげでコストが下がり、

以前よりかなり低価格になってきております。

 

私が取り付けしたモノも、一体型で本体は4万円を切る価格でした。

事故解決までの色々なうっとうしさを考えると十分に実用的な

価格になってきていると思います。

 

当社でも施工大歓迎です。是非お申し付け下さい。

 

前出の奥様からは「うちの主人大人しそうに見えるので、

盗撮でもしているように疑われないかなぁ」などという

ご心配も頂きましたが、、、。(笑)

===============================

ウジタオートサロン公式ホームページ http://www.ujita.co.jp

在庫一覧 http://ujita.co.jp/stock_car/

新着入庫をRSS配信にて提供しております
http://ujita.co.jp/blog/category/新着入庫情報/feed/

===============================

この記事のURL : http://wa2899.blogten.jp/282216.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2010年9月9日
アウディ A1、米中向けは確保できず…累計予約15万台









アウディが27日、欧州での販売を開始する新型車『A1』。
累計予約が15万台を突破する人気のため、
米国と中国の2大市場へは当面、
導入されないことが判明した。

これは25日、米国メディアが報じたもの。
アウディのピーター・シュワゼンバウアー販売担当取締役は、
同メディアの取材に対し、
「2011年には、欧州以外の世界市場でもA1を発売するが、
米国と中国は除かれるだろう」と語った。

これは、A1の生産能力と関係がある。
アウディによると、新型A1の世界予約台数は、
欧州を中心に現時点で15万台を突破。

シュワゼンバウアー販売担当取締役は、
「予約好調を受け、20%の増産を指示したが、
それでもベルギー・ブリュッセル工場でのA1の
年産台数は、12万台が限界だろう」と述べた。

つまり、現時点での15万台の予約を優先するため、
米中の2大市場には当面、A1の投入ができない
状態というわけだ。

さらに、シュワゼンバウアー販売担当取締役は
「中国では2011年以降にA1を発売したい。
しかし、米国向けは遅れる。
場合によっては、2世代目のA1登場後
(2015年以降か)となる可能性もある」と語った。

アウディの予測によると、A1の顧客の8割は、
初めてアウディ車に乗るユーザーになるという。

A1のドイツでの価格は、
1万5800ユーロ(約170万円)からと公表
されており、魅力的な価格も人気の大きな
要因となっているようだ。

               (レスポンス)

===============================

ウジタオートサロン公式ホームページ http://www.ujita.co.jp

在庫一覧 http://ujita.co.jp/stock_car/

新着入庫をRSS配信にて提供しております
http://ujita.co.jp/blog/category/新着入庫情報/feed/

===============================

この記事のURL : http://wa2899.blogten.jp/282358.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2010年9月8日
役人天国、日本. またか(怒)!

一般社団法人 次世代自動車振興センター とか言う、

例によって 「天下り社団法人」 がまたまた、やってくれました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一般社団法人 次世代自動車振興センターは6日、

エコカー補助金の申請に関して未反映(?)の約130億円、9万3000台の修正を「エコカー補助金の執行状況」により発表した。

同センターの発表によると、8月下旬以降の申請件数の急増に伴い、申請は確かに受理していたが、

翌営業日中に公表された申請受理金額には反映できていなかったものが一部存在していた。

このため、改修したシステムに基づき申請データの改修を行なった、としている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とか言う理由で、今まで、毎日発表されていた、

「申請受付額:補助金残高」 が 

ここにきていきなり、約130億円、9万3000台の修正とか言い出しました。

これによって、!とまでは言いませんが、一気に約218億円の残高となり、

今月の半ば、又は20日頃まではと読んでいたデイラーはじめ車業界関係者は慌てふためき、

今週一杯どころか、その翌日、つまり昨日の7日火曜日で終わってしまった訳です。

 

予算と言えばそれまでですが、子供じゃないんだから、足し算引き算間違って日本中に発表して

それによって皆が信じて、予測して仕事してるのを、「発表」だけで、おかしいんじゃないの?

 

こんな子供みたいなミスで、日本中の車業界はあわてて、困ってるし、買う気だった国民もスカ喰らわされるし、無茶苦茶です。

単純に計算間違わず、正確な発表さえしていたら、こんな混乱はなかった筈です!

 

一般の企業なら、仕事でこんな事をしでかしたら、責任問題で、懲戒や解雇もありなのに

国が、政府の機関が!で、 「お詫び」 も 「責任者のコメント」 もなく済ましてしまうのが信じられません!

これが、役人根性??

 

結局、また、「年金問題」と同じく、日本人の人が良いのを良い事に、

役人どもが、また、日本国民に迷惑を掛けて終わってしまう!こんな結末になるんでしょうね?

 

役人天国、日本はどうなってしまうんでしょうかね?

本気で危惧する、怒り、怒り、怒りの氏田耕吉です!!!

===============================

ウジタオートサロン公式ホームページ http://www.ujita.co.jp

在庫一覧 http://ujita.co.jp/stock_car/

新着入庫をRSS配信にて提供しております
http://ujita.co.jp/blog/category/新着入庫情報/feed/

===============================

この記事のURL : http://wa2899.blogten.jp/281779.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2010年9月7日
ベントレー、9月7日に新型コンチネンタルGTを発表

 ベントレーは、9月7日(火)の英国夏時間15時に、
新型『Continental GT』をインターネット上
(www.ContinentalGT.com)で世界同時発表する。

 この模様は、1週間にわたって公開され、
だれでも公式の発表会を満喫できるほか、
用意されたカメラのアングルや撮影距離を変更して、
新型『Continental GT』の彫刻のようなボディと
パワフルなデザインを、じっくりと見ることができる。

 また、オーダーツアーやオンラインツアーなどの
コンテンツも用意される。

 2003年にデビューした最初の“Continental GT”は、
ベントレー復活の先駆けとなった1台。

 この豪華な2+2の4シータークーペは、
最高出力552bhpという圧倒的な6リッターW12
エンジンを搭載し、驚異的なパフォーマンスを誇っていた。

 Continental GTは、デビュー以来2万2000台以上
を販売してきただけでなく、出力600bhpの
“GT Speed”や、コンバーチブルの“Continental GTC”、
最高速204mphのスーパーカー“Supersports”など、
そのラインナップを拡大し、成功を収めている。

 初代Continental GTクーペのデザインを担当した、
ベントレーのデザインダイレクターDirk van Braeckel氏は、
「初代Continental GTクーペは、ベントレーの名を知らしめた
クラフツマンシップと洗練性に、果断でスポーティな外観を
加えたクルマだった。 

 そして今、Continentalは新たな門出のときを迎えた。

 2010年にそのスタイリングとデザインが生まれるまでの
ストーリーはとにかくドラマチックで、新型のGTは、
先代のGTと同じく、一見してそれと分かるデザインで
あることは間違いない。

 カメラの撮影が開始されて、世界中の人たちに
新型Continental GTを紹介する瞬間を心待ちに
している」と語っている。

                   (朝日新聞)

 ベントレーは、9月7日(火)の英国夏時間15時に、
新型『Continental GT』をインターネット上
(www.ContinentalGT.com)で世界同時発表する。

 この模様は、1週間にわたって公開され、
だれでも公式の発表会を満喫できるほか、
用意されたカメラのアングルや撮影距離を変更して、
新型『Continental GT』の彫刻のようなボディと
パワフルなデザインを、じっくりと見ることができる。

 また、オーダーツアーやオンラインツアーなどの
コンテンツも用意される。

 2003年にデビューした最初の“Continental GT”は、
ベントレー復活の先駆けとなった1台。

 この豪華な2+2の4シータークーペは、
最高出力552bhpという圧倒的な6リッターW12
エンジンを搭載し、驚異的なパフォーマンスを誇っていた。

 Continental GTは、デビュー以来2万2000台以上
を販売してきただけでなく、出力600bhpの
“GT Speed”や、コンバーチブルの“Continental GTC”、
最高速204mphのスーパーカー“Supersports”など、
そのラインナップを拡大し、成功を収めている。

 初代Continental GTクーペのデザインを担当した、
ベントレーのデザインダイレクターDirk van Braeckel氏は、
「初代Continental GTクーペは、ベントレーの名を知らしめた
クラフツマンシップと洗練性に、果断でスポーティな外観を
加えたクルマだった。 

 そして今、Continentalは新たな門出のときを迎えた。

 2010年にそのスタイリングとデザインが生まれるまでの
ストーリーはとにかくドラマチックで、新型のGTは、
先代のGTと同じく、一見してそれと分かるデザインで
あることは間違いない。

 カメラの撮影が開始されて、世界中の人たちに
新型Continental GTを紹介する瞬間を心待ちに
している」と語っている。

                   (朝日新聞)

この記事のURL : http://wa2899.blogten.jp/282222.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2010年9月7日
「サッカー日本代表」

「キリンチャレンジ杯」

ワールドカップ後の大きな国際試合!

いきなり決めてくれました!森本選手!

ワールドカップでは代表にえらばれるも、試合は控え・・

その悔しさを今日のグアテマラ戦で吹っ飛ばしたのでしょう

今日は2得点の大活躍!

サッカーだけではないのですが、サッカー国際試合では世代交代が非常に重要です。

前大会は強かったのに・・今大会は全然・・なんて事がよくあります。

それゆえに、若い彼の活躍があればこそ、サッカー日本代表は次の世代へと進化できる。

 

そして、それを察するかのように・・

GW楢崎選手、代表を引退。

「リストから外してください」と自ら代表を退くこと決意したそうです。

4大会連続代表に選ばれたベテラン名ゴールキーパー。

「僕がしてきた経験をもっと多くの選手が体験すべきだ」と楢崎選手

これが彼の代表引退の理由だそうです。

監督の後任問題で少し足並みそろわずでしたが、

ようやくサッカー日本代表、新たなスタートをした感じがします^^

以上紺野達哉でした。

===============================

ウジタオートサロン公式ホームページ http://www.ujita.co.jp

在庫一覧 http://ujita.co.jp/stock_car/

新着入庫をRSS配信にて提供しております
http://ujita.co.jp/blog/category/新着入庫情報/feed/

===============================


この記事のURL : http://wa2899.blogten.jp/281776.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2010年9月6日
BMW アクティブハイブリッド7L

大排気量エンジンにハイブリッドシステムの組み合わせ









 「駆け抜ける歓び」を標榜するドイツのBMWから、
初のハイブリッドカーが誕生した。

 最上級4ドアセダンである7シリーズに追加車種設
定された、アクティブハイブリッド7Lがそれだ。

 排気量4,400ccのV型8気筒エンジンを搭載する
750Lを基本に、出力15kW(キロワット)のモーターを
併用するハイブリッドシステムが組み込まれている。

 モーターは、薄い円盤状のものがエンジンと
トランスミッションの間に挟まれるように組み込まれている。
バッテリーはリチウムイオンを使用。

 このハイブリッドシステムは、メルセデス・ベンツS400
ハイブリッド・ロングと同じ部品を使う。
とはいえ、メルセデス・ベンツS400が、排気量3,500ccの
V型6気筒エンジン車に組み合わせるのに対し、
BMWアクティブハイブリッド7は、上記のように、
より大排気量の高性能エンジンにハイブリッドシステムを
組み合わせるという違いがある。

 また、リチウムイオンバッテリーを搭載する場所も、
メルセデス・ベンツがエンジンルームであるのに対し、
BMWはトランク内である。
これにより、前後重量配分が損なわれずに済むだろう。

 運転中にハイブリッドの作動状況を画面で見せる
モニター表示についても、BMWでは、アクセルペダルを
深く踏み込んだ強い加速をさせるとき以外は、
あまりモーターの補助力を使っていないとわかる画像が
採用されている。

 BMWの説明によれば「あくまでターボチャージャーの
代わりのように、モーターは加速の補助として使う程度に
考えているためです」ということだ。

 メルセデス・ベンツのモニター画面では、ちょっとした加速
でも頻繁にモーターを活用している画像が映し出される。

 とはいえ、「画像には表れなくても、エアコンの稼働などに
回生で得られた電気を活用しているので、走行全体の
エネルギー効率としては、ハイブリッド化により燃費が
改善されています」と、BMWは解説を付け加える。

 実際、カタログ諸元のうえでは、
750Lの10・15モード燃費が6.6km/Lであるのに対し、
アクティブハイブリッド7Lは9.3km/Lなのである。

 燃費改善には、トランスミッションが750Lでは
6速ATであるのに対し、アクティブハイブリッド7Lが
8速ATという違いも関係しているはずだ。

運転を楽しめるBMWらしさ







 前置きが長くなったが、アクティブハイブリッド7Lを
試乗した印象は、ほとんどハイブリッドカーらしさを
運転中に感じないことだった。

 これはBMWの狙いでもあり、
「あくまでこれまでのBMW車と同じ様に運転を
楽しめるクルマであることが重要だからです」との
ことである。

 そうはいっても、ハイブリッドらしさがないことはなく、
停車すればアイドリングストップをする。

 しかも、試乗したのは酷暑日となった東京近郊の日中で、
外は猛烈な暑さであったが、エアコンディショナーを利かせた
まま問題なくアイドリングストップを繰り返したのである。

 限られたバッテリー電力を、走りで使い切るのではなく、
装備の稼働で生かすようにしたBMWの思想の一端が、
この酷暑日のアイドリングストップ効果に表れていた。

 また、ハイブリッドシステムの利用率を知らせる
モニター画面を見ると50%前後で推移し、
ときに80%を超える場面もあった。

 走行中にハイブリッドらしさを体感することはあまり
なかったが、クルマの電化は、エアコンディショナーを
含めクルマ全体で燃費向上策に生かせることを
改めて知った。

 実際の燃費だが、東京近郊の高速道路と市街地の
両方あわせ70kmほどを2時間くらい走行した結果、
走行前より約0.5km/L平均燃費が改善され、この間、
平均燃費表示が悪化することはなかった。

 つまり、ごく日常的な運転をする限り、
やはりハイブリッド効果は相当にあったということである。

 いつも通り運転しながら、知らぬ間に燃費が改善
されているうれしさがあった。

 しかも、走行感覚はいつものBMW車そのままである。

 駆け抜ける歓びにこだわり続けるBMWらしい
ハイブリッドカーの登場だ。

                         (読売新聞)

関連URL : http://www.bmw.co.jp/jp/ja/active_hybrid/overview.html

===============================

ウジタオートサロン公式ホームページ http://www.ujita.co.jp

在庫一覧 http://ujita.co.jp/stock_car/

新着入庫をRSS配信にて提供しております
http://ujita.co.jp/blog/category/新着入庫情報/feed/

===============================

この記事のURL : http://wa2899.blogten.jp/281414.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2010年9月6日
妙心寺の雲龍図

みなさん、おはようございます。

秋の気配など微塵もない9月の暑い中、
妙心寺の雲龍図を見に京都に行ってきました。

 

 

 

余談ですが、京都という街は狭い中に、

暑い夏には祭礼、春には花、秋は紅葉、そして冬の雪、と
その文化とともにいまでも四季の移り変わりをはっきりと感じることができ、
落ち着いた街並みは訪れる者に安心を与えてくれます。

 

大阪に住んでいると忘れがちになるのですが、
京都や奈良が近いというのは本当にありがたいことです。

 


話は戻り、広大な敷地の妙心寺「法堂」の天井を眺めると
直径12mの円形いっぱいに見事な龍を拝むことが出来ます。


見る場所により、昇るようにも、舞い降りるようにも見え、
また四方どこから見てもこちらを睨む、

「八方睨みの龍」は、その迫力とともに見るものを圧倒します。


堂内は撮影禁止なのですが、当日は修学旅行でしょうか、
観光バスからおりた大勢の学生が法堂に入り
扉が全開となったので外から天井の雲龍を写すことができました。

 

 

 

京都の禅寺には他にも大徳寺や相国寺の「鳴き龍」や
近年書き換えられた天龍寺など多くの雲龍図を見ることができます。

京都に行かれた際は是非法堂の天井を見上げてください。


    それでは又来週、植田茂夫でした。

 

 

北野天満宮の東横、いっぷく処『古の花』で、

夏しか食べられない絶品メニューがこれ。

炎天下で待つこと1時間、やっとありつけた

桃そのものがかけられている、「もも氷」と「抹茶ミルク」

 

 

『古の花』 http://www.geocities.jp/ipukudokoro/index.html

===============================

ウジタオートサロン公式ホームページ http://www.ujita.co.jp

在庫一覧 http://ujita.co.jp/stock_car/

新着入庫をRSS配信にて提供しております
http://ujita.co.jp/blog/category/新着入庫情報/feed/

===============================

この記事のURL : http://wa2899.blogten.jp/281412.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2010年9月5日
メルセデスベンツ/Aクラス/A160 エレガンス 入庫
メルセデスベンツ/Aクラス/A160 エレガンス
詳細はこちら
この記事のURL : http://wa2899.blogten.jp/281250.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP

[先頭] [前ページ] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [次ページ] [最終]

 
ブログホーム
在庫リスト
パーツリスト
ショップ紹介